心理的虐待

お知らせ
通学や通勤で犯罪被害に遭わないように「人間観察」で危険人物を見抜く方法

現代社会では、危険な人物から犯罪被害に遭わないために、常に周囲を警戒して不審者や異常行動をとる人を察知する人間観察のスキルが必要となっています。

続きを読む
お知らせ
メンタル不調から早期回復できる心理支援への保険適用が待望されています!

メンタルヘルス先進国の米国や英国などでは、心理カウンセリングは医療保険の対象となっており、その利用率は非常に高く、仕事や家庭の悩みストレスを抱えた時に、気軽に利用されています。しかし、日本での心理カウンセリング支援は医療保険制度の適用外となっているため、高額な利用料金を自己負担する必要があり、気軽に利用できないことでストレス禍が、職場のパワハラ、家庭の児童虐待や、未成年の薬物依存や非行問題、反社会的な犯罪など、多くの社会問題を生み出しています。

続きを読む
お知らせ
悩みで眠れない時は睡眠薬に頼らず悩み解決の心理カウンセリングが必要です

メンタルヘルスのプライマリーケアでは、向精神薬の多剤服用・長期服用による副作用リスクを避ける安全な心理カウンセリングが推奨されていますす。欧米先進国では、軽度の睡眠障害や抑うつ的な心の落ち込みなど、精神疾患の初期症状には、投薬ではなく、対話による安全な心理カウンセリングが第一処方とされており、日本でも厚生労働省が医療機関にたいして向精神薬の多剤投与の抑制と長期投与の抑制のために、診療報酬の減額という制度を導入し、それらの是正を働きかけています。日本でも誰もが気軽に受けられる心理カウンセリングとするために、医療制度の見直しが求められます。

続きを読む
お知らせ
幼少期から続く心理的虐待がつくる「8050問題」家族に支援を!

我が子を社会的な「引きこもり」に追いやる心理的虐待が「8050問題」の家庭を生み出しています。古い価値観を子どもに押し付ける心理的虐待の親が80歳と高齢化し、その子どもは社会の困難に立ち向かうことができずに引きこもり50歳となる「8050問題」が大きな社会問題となりつつあります。いま、親御さんへの人間的成長を促す心理カウンセリングと、お子さんへの自己効力感を取り戻す心理カウンセリングで、家族機能回復のサポートが社会に求められています。

続きを読む
お知らせ
親の虐待から逃れ、都会をさまようオーバードーズのトー横キッズたちに支援を!

親の虐待から逃れ、都会をさまようオーバードーズのトー横キッズたちに支援を! 親の虐待から逃れて、危険な大都会を放浪する未成年への継続的支援が必要です。これまで痛ましい児童虐待の事件が繰り返されてきましたが、さらに問題が深刻化しています。大都会で被害者の子ども達が新たな危険性に遭遇しています。虐待された子ども達への継続的な人道的保護と、虐待親にたいする家族機能の回復支援が急務です。

続きを読む
お知らせ
共感性が欠如する「大人の発達障害」の特徴と対処方法

他者に共感する思いやりの心を持つことは基本的な社会生活のマナーであり、対人関係の構築に必要なスキルです。大人の発達障害といえる自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠陥多動症(ADHD)、パーソナリティ障害(PD)の傾向にある共感性が欠如した人を排除することなく、理解し包み込む多様性に配慮したコミュニケーションが必要です。

続きを読む
お知らせ
「からかい言葉」は身近な人を傷つける心理的虐待です

何げない「からかい言葉」は、職場ストレスとなる非常識なパワハラやセクハラに確実に該当します。また家庭における日常的な「からかい言葉」はDV行為や児童虐待の心理的虐待です。学校イジメやSNSの誹謗中傷も同様です。「からかい言葉」は心理的虐待だという、適切な認識が必要です。

続きを読む