お知らせ

お知らせ
脳をリフレッシュさせる「プチ瞑想」のマインドフルネスで心の健康を維持しましょう新着!!

脳をリフレッシュさせる「プチ瞑想」のマインドフルネスで心の健康を維持しましょう。日々のストレスで生じるネガティブ感情の不安・恐怖・怒りなどを日々解消し、安定した安らぎの気持ちを維持することが重要です。

続きを読む
お知らせ
「子どもの貧困解消法」が国会成立され、今後は実効性のある具体的な施策展開が課題です

6月19日に「子どもの貧困解消法」が国会成立しました。貧困解消むけた法律の目的が明確にされ、子どもが適切な養育・教育・医療を受けられない等の権利侵害や社会的孤立を防ぐ対策が強化されます。今後、自治体における実効性のある具体的な施策展開が課題となります。

続きを読む
オンライン技術
システム障害で予約・問合せ対応にモレが生じたことを報告します【復旧ずみ】

弊社のシステム障害により、一部の方々の特定パソコンでの予約対応や問合せ対応の一部にモレが生じたことをご報告し、ご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたします。6月16日~20日の間、セキュリティ防御システムの障害により、カウンセリング予約対応のモレ、お問合せ返信対応のモレが生じておりましたが、現在は復旧しましたことをご報告いたします。

続きを読む
お知らせ
法律改正で孤立するヤングケアラーへの救済・支援がより一層求められます

法律改正で孤立するヤングケアラーへの救済・支援がより一層求められます。令和6年6月12日にヤングケアラー支援・救済に関する法律が施行され、自治体が支援すべき内容が明確にされました。これにより、ヤングケアラーの定義が法律で明確にされ、国は自治体にたいして、「ヤングケアラー」の実態を調査し、支援が必要な要支援児を把握し、個別に支援のためのサポートプログラムを対象者ごとに作成し、個別に必要な支援内容を明確にし、継続的な支援を求めています。

続きを読む
お知らせ
個人を認めあう思いやりのダイバーシティが虐待と暴力のない共生社会を創る

個人と集団が持つ多様性を尊び認めあうダイバーシティ思考で、全ての人を包み込む共生社会を創ることが出来ます。いま 世界で起きている紛争や身近な社会で起きている対立や争いは、相手を思いやる気持ちの欠如から生じています。いま現代社会に求められていることは、相手を認め合い、思いやる気持ちで、すべての人が持つ尊厳を心から尊重することです。

続きを読む
お知らせ
通学や通勤で犯罪被害に遭わないように「人間観察」で危険人物を見抜く方法

現代社会では、危険な人物から犯罪被害に遭わないために、常に周囲を警戒して不審者や異常行動をとる人を察知する人間観察のスキルが必要となっています。

続きを読む
オンライン技術
代表電話の変更案内

国際通話に対応するために「Skype電話」に変更したことをご案内します 。新番号050-5806-1203は既に利用可能で、旧番号050-1290-5269 は2024年4月21日に終了します。

続きを読む
オンライン技術
AIチャットを悩み相談に賢く使う具体的な方法

AIチャットが進化しており、セルフ認知修正カウンセリングとして日常の悩み解決に有効活用することができます。OpenAI社のChatGPT、Google社のGemini、マイクロソフト社のAIアシスタントのCopilot(旧Bing検索)など、その限界と注意点を十分に理解した上で、適切な活用方法によって、身近な無料ツールとして、日常的な心の落ち込み対策など、悩みの初期段階におけるセルフ心理相談ツールとして有効に活用する方法をお伝えします。

続きを読む
お知らせ
メンタル不調から早期回復できる心理支援への保険適用が待望されています!

メンタルヘルス先進国の米国や英国などでは、心理カウンセリングは医療保険の対象となっており、その利用率は非常に高く、仕事や家庭の悩みストレスを抱えた時に、気軽に利用されています。しかし、日本での心理カウンセリング支援は医療保険制度の適用外となっているため、高額な利用料金を自己負担する必要があり、気軽に利用できないことでストレス禍が、職場のパワハラ、家庭の児童虐待や、未成年の薬物依存や非行問題、反社会的な犯罪など、多くの社会問題を生み出しています。

続きを読む
お知らせ
悩みで眠れない時は睡眠薬に頼らず悩み解決の心理カウンセリングが必要です

メンタルヘルスのプライマリーケアでは、向精神薬の多剤服用・長期服用による副作用リスクを避ける安全な心理カウンセリングが推奨されていますす。欧米先進国では、軽度の睡眠障害や抑うつ的な心の落ち込みなど、精神疾患の初期症状には、投薬ではなく、対話による安全な心理カウンセリングが第一処方とされており、日本でも厚生労働省が医療機関にたいして向精神薬の多剤投与の抑制と長期投与の抑制のために、診療報酬の減額という制度を導入し、それらの是正を働きかけています。日本でも誰もが気軽に受けられる心理カウンセリングとするために、医療制度の見直しが求められます。

続きを読む
お知らせ
幼少期から続く心理的虐待がつくる「8050問題」家族に支援を!

我が子を社会的な「引きこもり」に追いやる心理的虐待が「8050問題」の家庭を生み出しています。古い価値観を子どもに押し付ける心理的虐待の親が80歳と高齢化し、その子どもは社会の困難に立ち向かうことができずに引きこもり50歳となる「8050問題」が大きな社会問題となりつつあります。いま、親御さんへの人間的成長を促す心理カウンセリングと、お子さんへの自己効力感を取り戻す心理カウンセリングで、家族機能回復のサポートが社会に求められています。

続きを読む
お知らせ
親の虐待から逃れ、都会をさまようオーバードーズのトー横キッズたちに支援を!

親の虐待から逃れ、都会をさまようオーバードーズのトー横キッズたちに支援を! 親の虐待から逃れて、危険な大都会を放浪する未成年への継続的支援が必要です。これまで痛ましい児童虐待の事件が繰り返されてきましたが、さらに問題が深刻化しています。大都会で被害者の子ども達が新たな危険性に遭遇しています。虐待された子ども達への継続的な人道的保護と、虐待親にたいする家族機能の回復支援が急務です。

続きを読む
お知らせ
能登半島地震 被災者メンタルケア緊急支援のご案内

能登半島地震で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心からお祈りしています。長谷川メンタルヘルスケアセンターでは、今回の地震で被災された方々への緊急支援として、スマホのLINEやZoomなどによるオンラインでのビデオ通話による無料メンタルケアを実施します ので、ぜひご利用ください。

続きを読む
お知らせ
2024年頭挨拶:「思いやり」と「共感性」と「多様性」で平和な世界に! 

新年あけましておめでとうございます。今年は、世界中に平和が訪れ、全ての人々が穏やかに過ごせる素晴らしい歳となることを心から願っています。戦禍で傷つく人々を気遣い「思いやる」心で、悲しみ苦しむ人々の気持ちに寄り添う「共感性」を持って、すべての国家・民族・宗教の「多様性」を認め合う行動が、一日も早い停戦を実現させると信じています。

続きを読む
お知らせ
共感性が欠如する「大人の発達障害」の特徴と対処方法

他者に共感する思いやりの心を持つことは基本的な社会生活のマナーであり、対人関係の構築に必要なスキルです。大人の発達障害といえる自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠陥多動症(ADHD)、パーソナリティ障害(PD)の傾向にある共感性が欠如した人を排除することなく、理解し包み込む多様性に配慮したコミュニケーションが必要です。

続きを読む